民団大阪ヘッダ画像
民団紹介 支部・参加団体 行事予定表 推進事業 領事事務 民族教育・奨学事業 韓国語・文化講座 便利電話帳

トピックス・イベント
2019-06-21 10:56    
民団豊能支部 京都の渡来文化歴史探訪に48名が参加 
 韓国民団大阪府豊能支部(金一龍支団長、豊中市蛍池東町4-5-2)は6月16日、「京都の韓国渡来文化」をテーマに旅行 仲尾宏先生と巡る「京都の渡来文化」を実施した。日韓交流史、とりわけ「朝鮮通信使」研究の第一人者として著名な仲尾宏・京都造形芸術大学客員教授がツアーバスに同乗し、現地で解説に当たった。金清正常任顧問、金鍾煥常任顧問、金一龍支団長、張成治副団長、金義雄監察委員長、李恩淑事務部長、それに韓国語教室生徒ら総48名が参加した。

参加者記念写真



 京都の歴史探訪コースは、百済王族ゆかりで桓武天皇生母である高野新笠陵墓(京都市西京区大枝沓掛町)、国宝第1号で知られる弥勒菩薩半跏思惟像を祀る真言宗広隆寺(京都市右京区太秦蜂岡町32)、「朝鮮通信使」資料を特別展示中の高麗美術館(京都市北区紫竹上岸町12)、朝鮮通信使のモットーである「誠信の交わり」の輝かしい軌跡を伝承する非公開寺院の相国寺慈照院(京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町七〇三)、尹東柱詩碑(同志社大学今出川学舎内)、浄土宗大本山金戒光明寺の山内として壬辰倭乱・朝鮮人被虜人、江戸時代からの足跡を刻む黒谷西雲院(京都市左京区黒谷町121)。



 参考資料として世界人権問題研究センター編・上田正昭監修の「京都人権歴史紀行」からの抜粋コピーが配布され、それを手引書に仲尾宏客員教授と上野潤・京都造形芸術大学客員教授が解説し、高麗美術館では鄭喜斗事務長・学芸部長、相国寺慈照院では久山隆昭住職のご内儀、また黒谷西雲院では橋本周現住職が懇切丁寧に説明した。










    
HOME
アクセス・会館案内
大阪コリアブライダルセンター
民主平統諮問会議 
日本・近畿協議会
韓国情報
求人・通訳情報
↑新しい求人情報が↑
入っています。

民団大阪本部LINE@
↑お得な情報いっぱい↑
民団大阪本部のLINE@

リンク集
民団中央本部
在日韓人歴史資料館
駐日韓国大使館
駐大阪大韓民国総領事館
大阪韓国文化院
在外同胞財団
韓国観光公社
コリアンネット
Youtube - 韓国外交部
韓国外換銀行
日韓就職支援KJ-BANK
ハナ集いの家


在日本大韓民国民団大阪府地方本部
〒530-0016 大阪市北区中崎2-4-2 TEL:06-6371-7331 E-mail:info@mindan-osaka.org 
Copyright Mindan-Osaka All rights reserved